ガバナンス 2020年5月号 No.229

書名:ガバナンス 2020年5月号 No.229

副書名:

著者名:

発行元:ぎょうせい

発行年月日:2020-05-01

分類番号:

資料区分:雑誌

場所:雑誌

登録番号:

内容:【特集】地方分権一括法施行20年─その成果と展望(議員・議会編) ●自治法改正と議会力/廣瀬克哉 ●住民自治を推進する議会基本条例の意義と課題/江藤俊昭 ●災害対応とこれからの議会改革/新川達郎 ●議会提案条例の到達点と展望/吉田利宏 ●議員の「なり手不足」と町村議会の活性化/牛山久仁彦 ●議会と議員が習得すべき「力」/土山希美枝 ●地方議会における女性議員の増やし方/三浦まり ●議会事務局の現状と今後の課題/駒林良則 ●「フォーラム」としての自治体議会/金井利之 【サブ特集】地域を守るリスクコミュニケーション ●自治体リスクコミュニケーションの原則と課題─新型コロナウイルスを事例に/福田充 ●地域の「防衛」懸け、自治体の総合力発揮を─首長が前面に出た「コロナ」初動対応(人羅格) ●「新型コロナウイルス感染症対策サイト」をオープンな手法で開発/東京都 ●独自の検査基準や徹底的な調査と情報提供で集団感染の拡大を防止/和歌山県 【議会改革リポート〔変わるか!地方議会〕】日頃の議会活動があぶりだされる!─コロナウイルス対策と自治体議会/江藤俊昭・山梨学院大学教授に聞く 【Governance Focus】条例の域外適用─ヘイトスピーチ抑止条例を契機に(下)域外適用の理論と課題/松下啓一 【議会局「軍師」論のススメ】議事機関の本質に適う広聴活動とは何か?/清水克士 【「自治体議会学」のススメ】政治の磁場で作動する質問(上)/江藤俊昭



簡易キーワード検索

キーワードを入力し、検索ボタンを押してください。
書名に合うものを検索します。