議会用語集

この議会用語集は、福岡市議会の本会議や委員会で用いられる議会運営の用語を中心に、わかりやすく解説したものです。

あ行

委員会(いいんかい)
議会に提出された議案などを、少人数の議員で専門的・能率的に審査するために設置される議会の内部機関のことをいい、常任委員会、議会運営委員会、特別委員会があります。
委員会の仕事は、委員会を参照。
委員会の開会日時等は、委員会の日程を参照。
委員会に所属する議員は、議員名簿(委員会別)を参照。
委員協議会(いいんきょうぎかい)
法律や条例、規則に基づく会議ではなく、常任委員会と同じ構成で所管の事項に関する問題について協議する事実上の会議です。
委員長報告(いいんちょうほうこく)
委員会での審査または調査を終えた議案、事件などを本会議の議題とするときに、委員長が審査または調査の経過及び結果について報告することをいいます。
意見開陳(いけんかいちん)
委員会において、採決の前に議題となっている案件に対し、賛成か反対かの意見を表明することをいいます。
意見書(いけんしょ)
地方自治法第99条に基づき、市の公益に関することについて、国会や国、県などの関係行政庁に対し、議会の意思をまとめて提出する文書のことをいいます。 意見書の案は、議員が提出し、本会議でその可否を決めます。
可決された意見書は、会議結果を参照。
一問一答方式(いちもんいっとうほうしき)
議員が一問ずつ質問を行い、理事者が答弁を行う質問と答弁を繰り返す進行形式をいいます。
一括質問・一括答弁方式参照。
一括質問・一括答弁方式(いっかつしつもん・いっかつとうべんほうしき)
議員が質問項目の全てを一括して質問し、理事者が一括して答弁を行う進行形式をいいます。
一問一答方式参照。
一般質問(いっぱんしつもん)
議案と関係なく市政全般について、執行機関に対し、事務の執行状況や方針等について報告や説明を求めたり、疑問をただしたりすることをいいます。
一般質問の項目や質問する議員の名前は、開会日以降に掲載される発言通告を参照。

 

か行

開会(かいかい)
議会を開き、法的に活動できる状態にすることをいいます。(⇔閉会)
会期(かいき)
議会が法的に活動できる期間(開会日から最終日まで)のことをいい、本会議初日に議決により決定します。 なお、議案などの審議が会期中に終わらない場合などは、一度決めた会期を議決によって延ばすこと(会期延長)もできます。
会期は、定例会・臨時会の日程を参照。
会議録署名議員(かいぎろくしょめいぎいん)
本会議の内容を記録した公文書である会議録に、議長、副議長とともに署名する議員のことで、本会議において議長が2名の議員を指名します。
会派(かいは)
議会内で結成された同じ主義・主張を持つ2名以上の議員のグループのことをいいます。
会派に所属する議員は、会派別名簿参照。
可決(かけつ)
議決参照。
議案(ぎあん)
議会の議決を求めるため、市長や議員が議会に提出する案件のことをいいます。
議案質疑(ぎあんしつぎ)
質疑参照。
議決(ぎけつ)
議案などに対し議会の意思(可否)を決定することで、次のような種類があります。
・可決(否決):『予算、条例、契約、意見書、決議、その他』に関する議案
・認定(不認定):『決算』に関する議案
・承認(不承認):『専決処分』に関する議案
・同意(不同意):『人事案件』に関する議案
・採択(不採択):『請願』に関する議案
議決の結果は、会議結果参照。
議会運営委員会(ぎかいうんえいいいんかい)
議会を円滑に運営するため、議会運営の全般について、協議し、意見などの調整を図るために設置されている委員会です。
詳細は、委員会を参照。
委員会の開会日時等は、委員会の日程を参照。
委員会に所属する議員は、議員名簿(委員会別)を参照。
議事日程(ぎじにってい)
議長が定めるその日の本会議の議事の順序を記載したものです。
議場(ぎじょう)
本会議が開かれる会議場のことをいいます。この会議場で質疑や質問、採決などが行われます。
議場の場所は、事務局・議会棟案内・アクセスを参照
議長(ぎちょう)
議長と副議長は、議員の中から選挙で選ばれます。議長は議会を代表するとともに、議場の秩序を守り、会議を進めます。副議長は議長が出席できないときなど、議長の代わりを務めます。
休会(きゅうかい)
会期中の一定期間、休日などのため会議が一日単位で開かれない状態にあることをいいます。
継続審査(けいぞくしんさ)
会期中に議決されなかった議案などは、原則として次の会期には引き継がれることなく、廃案となりますが、その例外として、本会議の議決によって、付託された委員会が閉会中に引き続き審査を行うことをいいます。
決議(けつぎ)
議会の意思を表明するもので、政治的効果を期待して、あるいは議会の意思を対外的に表明することが必要であるなどの理由でなされる議決をいいます。提出先の制限もなく、関係機関に提出されないこともあります。
可決された決議は、会議結果を参照。
決算特別委員会(けっさんとくべついいんかい)
前年度の決算関係議案を認定すべきかどうか審査するために設置する、監査委員2人を除く議員全員で構成する特別委員会です。総会や、常任委員会と同じ構成の分科会を設けて、詳しく審査します。

 

さ行

採決(さいけつ)
議長が本会議で表決(議員が議案などに対して賛成または反対の意思表示をすること)をとる行為のことをいいます。委員会の場合は委員長が表決をとる行為のことをいいます。なお、採決の結果、議会の意思を決定することを議決といいます。
裁決(裁決権)(さいけつ(さいけつけん))
出席議員の過半数で決定する議案などについて、議長は、議決に加わることはできませんが、可否同数の場合に議長が可否を決定することをいいます。
採択(さいたく)
議決参照。
散会(さんかい)
その日の議事日程に記載された事件をすべて議了し、その日の本会議を閉じることをいいます。
資産等報告書(しさんとうほうこくしょ)
「福岡市議会議員の政治倫理に関する条例」に基づき、議員本人や配偶者、扶養親族の土地、建物、預貯金、有価証券、自動車、貸付金、借入金の価額等を記載した報告書で議員が議長に提出するものです。 議員はその他に前年1年間分の所得を記載した所得等報告書、報酬を得て会社等の役職員等に就任している場合の会社の名称等を記載した関連会社等報告書を提出する必要があります。なお、資産等報告書は閲覧できます。
閲覧方法は、資産等報告書の閲覧案内を参照。
質疑(しつぎ)
議案などについて、討論、表決(議員が賛成または反対の意思表示をすること)の前に疑問をただすことをいいます。    
議案質疑:議案について、賛否の態度決定ができるよう疑問点をただします。
代表質疑:新年度議案を審議する2月又は3月定例会において、各会派の代表1人が、所属する会派を代表して市政全般にわたって質疑します。
補足質疑:代表質疑を補足して行う質疑のことをいいます。
議案質疑及び補足質疑の項目や質疑する議員の名前は、開会日以降に掲載される発言通告を参照。
執行機関(執行部)(しっこうきかん(しっこうぶ))
議決機関としての議会に対し、市の施策等を執行する市長をはじめとする各種の機関(教育委員会、選挙管理委員会、監査委員など)をいいます。 理事者とは、市長や局長など、執行機関の説明者として本会議や委員会に出席する人を言います。
上程(じょうてい)
本会議で議題として取り扱うことをいいます。
承認(しょうにん)
議決参照。
常任委員会(じょうにんいいんかい)
議会の内部機関で、議案や請願などを詳細に審査し、市の事務を専門的に調査するため常時置かれている委員会です。
担当する仕事は、委員会を参照。
委員会の開会日時等は、委員会の日程を参照。
所属する議員は、議員名簿(委員会別)を参照。
条例予算特別委員会(じょうれいよさんとくべついいんかい)
2月又は3月定例会の会期中に、当初予算案や条例案などを審査するために議員全員で構成し設置する特別委員会です。総会や、常任委員会と同じ構成の分科会を設けて、詳しく審査します。
審議(しんぎ)
本会議において、議案などの案件について、説明を聞き、疑問をただし、討論、表決する一連の過程のことをいいます。
審査(しんさ)
委員会において、付託を受けた議案などを論議し、結論を出す一連の過程のことをいいます。
人事案件(じんじあんけん)
市長が議会の同意を得て選任又は任命する人事に関して、提出する議案をいいます。主なものに副市長、教育委員、監査委員などがあります。
請願(せいがん)
市民が国や地方公共団体等に意見や要望を述べることをいいます。議会に請願する場合は、1名以上の議員の紹介が必要となります。福岡市議会に提出された請願書は常任委員会などで審査したうえで、本会議で採択か不採択かを決定します。
請願の結果は、会議結果を参照。
請願の手続は、請願・陳情の案内を参照。
政務活動費(せいむかつどうひ)
会派又は議員個人に対して、「市政に関する調査・研究その他の活動に役立てるために必要な経費」の一部として、「地方自治法」及び「福岡市議会政務活動費の交付に関する条例」に基づき、支給される交付金のことをいいます。なお、政務活動費収支報告書は閲覧できます。
※条例改正前の平成24年度交付分までは、「政務調査費」として交付されています。
閲覧方法は、政務活動費を参照。
専決処分(せんけつしょぶん)
議会が議決すべき事項を、時間的に議会の招集を待てない緊急な場合などに、市長が代わって意思決定することをいいます。専決処分の後には、議会に報告し承認を求める議案の提出が必要です。
このほか、あらかじめ議決によって特に指定したものは専決処分(議会の委任による専決処分)が できますが、その後議会への報告が必要です。

 

た行

代表質疑(だいひょうしつぎ)
質疑参照。
陳情(ちんじょう)
市民が国や地方公共団体に意見や要望を述べることをいいます。議会に陳情する場合は、請願と異なり議員の紹介は不要です。 福岡市議会に提出された陳情書は常任委員会などに送付されます。
陳情の方法は、請願・陳情を参照。
定足数(ていそくすう)
議会において、有効に議題を審議し、決定するために必要とされる出席者の数のことをいいます。地方自治法により、本会議は、議員の定数の半数以上の議員が出席しなければ、開くことができません。
定例会(ていれいかい)
議会には、定例会と臨時会があります。定例会とは、付議事件の有無にかかわらず、定期的に招集される議会のことをいいます。 地方自治法により、毎年、条例で定める回数を招集することになっており、福岡市議会では年4回と定め、2・3月、6月、9月、12月に開会しています。
定例会の日程は、定例会・臨時会の日程を参照。
同意(どうい)
議決参照。
動議(どうぎ)
主に本会議や委員会の進行や手続きに関し、議員からなされる提議のことをいい、本会議又は委員会の議決を経るべきものとなります。
答弁(とうべん)
本会議や委員会で、議員の質疑、一般質問等に対して市長や教育長、関係局長等が回答や説明などを行うことをいいます。
討論(とうろん)
本会議において、採決の前に議題となっている案件に対し、賛成か反対かの意見を表明することをいいます。
特別委員会(とくべついいんかい)
常任委員会のほかに、特定の問題を審査・調査するために必要に応じて設置される委員会をいいます。福岡市議会では当初予算や決算を審査する際にも設置されます。
担当する仕事は、委員会を参照。
委員会の開会日時等は、委員会の日程を参照。
委員会に所属する議員は、議員名簿(委員会別)を参照。

 

な行

認定(にんてい)
議決参照。

 

は行

発言通告(はつげんつうこく)
議員が本会議で発言を求める場合に、あらかじめ議長に発言の主旨などを告げ知らせることをいいます。
議案質疑、一般質問、補足質疑の発言通告は、開会日以降に掲載される発言通告を参照。
否決(ひけつ)
議決参照。
副議長(ふくぎちょう)
議長参照。
不採択(ふさいたく)
議決参照。
付託(ふたく)
本会議での議決に先立って詳しい検討を加えるために、所管の委員会に審査を託すことをいいます。
分科会(ぶんかかい)
委員会が付託を受けた議案等を分担して審査するために委員会内に設けられる組織のことをいいます。福岡市議会では条例予算特別委員会と決算特別委員会において分科会を設置しています。
閉会(へいかい)
議会を閉じ、法的に活動能力のない状態にすることをいいます。(⇔開会)
傍聴(ぼうちょう)
議員以外の人が本会議等を直接見聞きすることです。
傍聴の手続は、傍聴案内を参照。
補足質疑(ほそくしつぎ)
質疑参照。
本会議(ほんかいぎ)
定例会や臨時会において、全議員で構成する会議のことをいい、議案の審議や、議会としての最終意思の決定(議決)などを行います。

 

ら行

理事者(りじしゃ)
執行機関(執行部)参照。
臨時会(りんじかい)
議会には、定例会と臨時会があります。臨時会とは、定例会のほかに臨時の必要がある場合、必要な特定の事件に限って審議するため招集される議会のことをいいます。
臨時会の日程は、定例会・臨時会の日程を参照。

 

ページトップへ