市議会と市長・仕事・構成

 

市議会と市長

市役所は福祉や教育、上下水道など市民生活に密着した仕事をしています。このため、市民の意見が市政に反映されなければなりません。しかし、市民すべてが集まり、市政を運営することは困難ですので、市民の代表である市議会や市長が中心となって市政を運営しています。

市議会は市政の方針を決定したり、市政が適正に行われているかをチェックします。市長は市議会の決定に沿って施策を実施します。

市議会と市長は独立・対等な立場にあり、お互いにけん制・協力し合ってより良い市政の実現を目指しています。

市議会と市長

 

市議会の仕事

市議会は市民の代表として十分な活動ができるように議決権、調査権、監査請求権など多くの権限をもっています。これらの権限に基づいて、市議会は次のような仕事をしています。

議決

市議会の最も基本的な仕事で、条例や予算、大きな契約の締結など重要な問題について決定します。

選挙

議長、副議長をはじめ、選挙管理委員などを選挙します。

同意

副市長、監査委員などを市長が選任する場合に議会の同意が必要です。

検査、監査の請求

市の事務等について検査したり、監査委員に対して監査するよう求めることができます。

調査

市の事務について調査し、必要な場合は関係者の出頭、証言、記録の提出を請求することができます。

意見書の提出

市の公益にかかわることがらについて、意見や要望を伝えるために、国会や国・県などの関係行政機関に意見書を提出します。

 

市議会の構成

議員

福岡市議会は定数62人の議員で構成されています。議員の任期は4年で、現議員の任期は平成27年5月2日から平成31年5月1日までです。

議長・副議長

市議会には議員の中から選挙で選ばれた議長と副議長がおかれています。議長は市議会を代表し、会議を主宰します。副議長は議長が出席できないとき、議長のかわりを務めます。

福岡市議会議長
おばた 久弥
福岡市議会副議長
石田 正明
会派

福岡市議会には、議会の中において志を同じくする議員によって結成された8つの会派があります。

自由民主党福岡市議団(17名)

公明党福岡市議団(11名)

福岡市民クラブ(9名)

みらい福岡市議団(7名)

日本共産党福岡市議団(7名)

福岡維新の会(4名)

自民党新福岡(3名)

緑と市民ネットワークの会(2名)

 

ページトップへ